FC2ブログ

You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進路希望4 ラスト

「田中って本読んだりするの?」

「結構読むほうだと思うよ。最近も○○とか××読んだし。」

「あっ、それ私も読んだよ。意外だな、田中が本読んでたなんて。

クラスだとマンガの話ばっかしてたし、

てっきり本なんて全然読まないタイプだと思ってた。」

クラスでしている自分の話を聞いていて、

おまけに覚えていてくれていたことに田中は嬉しかった。

「周りで本読むやつあんまりいなっくてさ。

けど本読むのは小さい頃から好きなんだ。」

「それ!私の周りも本読む子いなくてさ。

面白い本読んでも話せる子がいないんだよね。」

「そうなんだよな。話せるやつがいないとちょっと寂しいよな。」

「ねえねえ、田中って○○って作家知ってる○○とか有名なんだけど。」

と森川がいくつか本のタイトルを挙げる。

「知ってる知ってる。面白いよなあの人の本。

それにあの人の終わり方っていつも気持ちをすっきりさせてくれていいよな。」

「田中もそう思う?やっぱりいいよね~。けど知ってるとは思わなかった。」

あれ?ふと田中は思った。

「それじゃあ××って読んだことある?」

田中が尋ねると、

「あるある!あれもいいよね~。」

と森川が答える。

これってもしかして

本の趣味相当一致してないか?

森川の作家になりたい理由を聞けないまま

その後もお互い普段できない本の話で盛り上がった。

図書館であの声のボリュームは大きすぎた気がする。

周りに迷惑だっただろうな、と田中は後でふと思った。

話に盛り上がって気が付くと下校時刻になっていた。

いそいそと図書館から出て下駄箱で靴を履き替えていると、

「田中も帰りこっちだよね?」
クラスは一緒になったことはなかったが小学校は同じだったので

田中も帰り道はそっちの方向だった。

「それじゃあ帰ろっか。」

森川はそう言った。
女子(それも結構かわいい)と一緒に下校。

これは世間一般の中学生男子の夢だ。

突然の夢実現に田中は本気で緊張した。顔が赤くなっているのが分かった。

雨はまだ小雨だが降っており、二人は微妙な距離感で一緒に歩いた。

「私が進路希望に作家って書いたのはさ・・・。」

突然森川が切り出してきた。

「ほら、私って陸上部じゃない?

そのきっかけを作ってくれたのが本だったんだ。

小6の時に陸上ものの本を読んでさ、青春ものですっごい感動しちゃったの。

足も速い方ほうだったから中学に入ったら私も陸上やって

あんな青春してみたいって思ったの。」

「できたの?」

「本みたいにはできなかったけどね。

だけどすっごく充実してて楽しかったよ。

それでこの前の進路希望のときに思ったの。

私も本を書いてその本で私みたいに誰かのきっかけになりたいって。

だから正直ずっと作家になりたいと思ってたわけじゃなくて、ただの思いつき。

本も好きだし書いてみたいなぁって、それだけなの。」

「それにしてもすごいよ。俺なんて進路っていったらなんとなく

いけるといいなと思ってる高校くらいしか考えてなかったよ。

思いついただけ俺より全然すごいよ。」

そうかな、と森川は恥ずかしそうに笑っていたが

田中は本気で森川に感心し、まだ何も考えていなかった自分が恥ずかしかった。
 
「じゃあ私こっちだから。」

「そっか。今日は突然悪かったね。いろいろ教えてくれてありがとう。」

「いいよー楽しかったし、こっちこそありがと。本のこと話せてよかったよ。

何かいい本が見つかったら教えてね。」

「そっちこそ見つかったら教えてくれよ。」

「うん。あ、だけど進路のことは絶対誰にも言わないでよね。恥ずかしいから。」

「分かってるよ。本当にごめんな。」

「誤らなくてもいいって。秘密にしてくれればいいよ。それじゃあまた明日ね。」

そう言って森川と別れた。
 
進路というより「夢」か。俺も少し真剣に考えてみよう。

田中は一人になってから考えていた。だが目標はすでに決まっていた。

森川と肩を並べることだ。

何事もぼんやりじゃなくしっかりと考えるようにしよう。

森川はそうしていた。少なくとも俺はそう感じた。

それともう一つはっきりしたことがある。俺は森川のことが好きだ。

明日の学校、森川に会えることを楽しみにしながら田中は家に帰っていった。
        
                          おわり

よろしければランキングにご協力下さい。
人気ブログランキング

 
 
スポンサーサイト
スポンサーサイト
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。