FC2ブログ

You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君と朝まで

 土曜の夕方5時きっかり、家の呼び鈴が鳴った。鍵はかけていなかったので、台所に立ったまま開いてるからあがっていいよと声を張るとドアは元気よく開いた。
 「ほい、みやげに酒買ってきたぞ」
 「おー、ありがとう。それじゃあそこの冷蔵庫の中に適当に入れといて。」
 大学時代からの友人ヨンを久しぶりに家(といっても小さな賃貸のアパートだが)に招待した。
 「ちょっと待ってて。今つまみ作ってるから。適当にくつろいでて」
 「りょーかい。ところで何作ってんの?やっぱあれか?」
 「言わずもがなの出汁巻き卵」
 そう答えるとヨンはやっぱりと笑った。
 「サナといえば出汁巻きだもんな。その辺は何年たってもかわんねぇだなあ」
 
 「駄目だ。テレビ見るものない」
 テレビを消したヨンは、ごろりと横になるとベッドの下に置いてあった卒業アルバムを見つけた。
 「お、卒アルじゃん。なつかしい、まだ置いてあるんだ。俺のなんか実家でほこり被って眠ってるよ。なぁ、見ていい?」
 「ちょい待ち。・・・よし完成。料理も出来たし食べながら見よう」
 料理の方は時間もかけたのでかなりの種類と量を作った。ヨンは作り過ぎと言いながら机の上に酒と料理を並べたが、一晩飲み明かすのだ。このくらいでちょうどいいでしょ。
 「相変わらずサナは料理上手な。お!お~なつい!アユミちゃんじゃん。今頃どうしてんのかな~。」
 「経理してるって聞いたよ」
 「経理!アユミちゃんが!?飲み会の集計もろくにできなかったのに?」
 「本人曰く成せばなる、だって」
 「へ~。じゃあさ,中村は?」
 昔話に華を咲かせているうちに、時間はあっと言う間に過ぎてしまった。
 
 時間は夜9時をまわっていた。
 サナはそろそろ本題に移ってもいい頃合いかと思い、切り出した。
 「あのさ・・・結婚するんだって?」
 「ーーあぁ」
 ヨンはついに来たかというような、覚悟は出来ていたけど出来ることならこのまま聞かれたくなかったような気まずい笑みを顔に浮かべた。
 「いつ?」
 「来月・・・ごめんな、親族と会社の仲間しか招待してないんだ。相手の希望とかもあったしさ。ほら、それに大学時代のこといろいろ言われちゃうとアレだし」
 「まぁ・・・たしかに」思わず苦笑い。ちょっとそらすかな。「とにかくおめでとう。それにしても結婚ね、いよいよそういう年齢に来ちゃたかー」
 「な。自分でも未だにピンと来てない。ましてや将来の子供のことなんてなんてなおさらな」
 「卒業式にベビーカー押してる女の子の見たときはたまげたけど」
 「ははっ、そんなこともあったな」
 ヨン、幸せそうだなと話しながらサナはひしひしと感じていた。

 夜も更け酒のペースもグンと上がり、酔いも勢いを増していった。
 「だけど奥さんと出会ってまだ二年しかたってないんだよ?やっぱり早すぎるんじゃない?」
 「おいサナ、それ三回目だぞ。おまえだいぶ酔ってるな。大丈夫か?」
 「へーき、へーき。夜はこれからだよ」
 なんだか無性に楽しくなってきた・・・それに気持ちよくなってきた・・・
 ・・・やっぱ気持ち悪い・・・
 
 びくりと動いた自分の体に驚きサナは目覚めた。
 うわ、朝じゃん。っていうか十一時過ぎてるし。それに頭いったい。
 ヨンは?と思ったのと同時にきれいに片づいている(記憶にない)机の上の置き手紙を見つけた。
 
 朝までとか言ってた張本人が寝るか?飲み過ぎだバカ。泣いたのとか覚えてないだろ。
 食器は片づけたし、残り物は冷蔵庫。
 ーー女は上書き、男は保存って言葉知ってる?だからたぶん、俺は忘れないよ。サナのこと。
 帰ったら爆睡します。それと鍵はあの頃のあの場所に置いておきます。
 
 男は保存。これから結婚するやつの言葉か?奥さんが知ったらどうするつもりだ。アホか。
 だけど、まあ、たまには思い出してくれてもいいかな。
 サナはサンダルをひっかけ、あの頃の二人で決めた置き場に隠してある鍵を手に取った。


参加しています
人気ブログランキング

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。