FC2ブログ

You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人暮らし

ちょっとしたこと

「お疲れ様でした。」

バイト先の弁当屋を出たときはもう夜の10時をまわっていた。

お月さまも雲で見えないあいにくの天気がきっちり八時間働いて

疲れきったオレの気持ちを萎えさせる。

「帰るか。」

今日も特にこれといったことはなかった。大学行って、バイトして。

はじめての一人暮らしから3年にもなるとこの生活にもすっかりなれてしまった。

「ただいまあ。」

部屋に電気をつけて手洗いうがい。

冷蔵庫の中から麦茶を出してとりあえず一杯。

それからシャワーだ。

風呂場からでると次は遅い夕食だ。食事はバイトの日は弁当屋の

あまりを貰えるからレンジで温めるだけ。店長、ありがとうございます。

食費かなり助かってます。温まった弁当の八宝菜にはウズラの卵が

いつもより多く入っていた。最近入った新人が作ったからだろうなあ。

だけど特に何もない日にはこういったちょっとしたことは嬉しい。

テレビ見てネットしてるうちにあっという間に一時をまわってしまっていた。

「寝るかな。」

アラームの設定でケータイを開くとそこにはメールに着信が入っていた。

サークルの後輩で、ちょっと気になる娘からだ!内容はというと・・・

テストの過去問が欲しいそうだ。まぁ何も期待はしてなかったけどね。

いいよいいよ持っていくよ。OKのメールの返信をしてから

布団に入って電気を消した。今日は何もなかったと思ってたけど

バイトが終わってからちょっとした良いことが2つもあった。

なんだか心地よい、グッスリ寝れそうだ。

それに明日良いことが起きそうな気がしてきたぞ。ちょっと楽しみになってきた。

あ、過去問カバンに入れてないな。まぁ朝でいいか。

そう考えてるうちに俺は眠りに落ちていった。


参加しています人気ブログランキング


COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。